輸入住宅について
トップページ > 輸入住宅について > 環境への取り組み
輸入住宅について

環境への取り組み

環境への取り組み

環境に優しい、高い耐久性

環境に優しい、高い耐久性

当社は安全に住める住宅を提供するため、常に研究開発を続けています。ログの高い品質は半世紀の経験と製品の研究開発にかける大きな努力の野結果なのです。
再生可能な天然木材は、建築素材の仲でも非常に環境に優しい素材で地球温暖化を防ぐ上で有効な選択となります。
木は育つ家庭で二酸化炭素を取り込み、蓄積します。二酸化炭素はそのままログ材の中に留まり続け、何世紀も経った後でも大気中に放出されずに残るのです。同時に、森には新たな樹木が育ち、太陽エネルギーを利用してさらに多くの二酸化炭素を吸収します。これにより、温暖化の進行を遅らせ、子供たちの世代に美しい大気を残す効果が期待できます。木材の利用は森の再生サイクルを促進し、石油エネルギーを消費する素材の使用を減らすことで結果的に温暖化ガスの排出を減少させます。そして木材の呼吸を妨げない巧妙な構造が組み合わせれ、高い耐久性を実現しているのです。

環境への配慮

環境への配慮

ログ材の住宅の寿命は非寿に長く、正しく設計・建設されたログホームは湿気や厳しい気候にも耐えて数百年も使い続けることが可能です。ログ材の生産に必要なエネルギー量はセメントの生産に必要なエネルギー量の約50%、レンガの生産に必要なエネルギー量の約20%と、非常に小さなものです。細心の注意を払って立てられた計画に基づき、無駄な廃材が最小限になる形で行われています。端材は副産物として利用し、それより小さな廃材は生産に使われる熱エネルギーの燃料として再利用しています。
さらに住まいとしての快適性の他、日本の荒れた森林環境のことを考えると、木をふんだんに使うログハウスは、今の時代に見事に合致するものです。また、家族の結びつきが重要視されている今、遊び心がちりばめられたログハウスがもたらす暮らしの楽しさも、注目すべき点です。ログハウスは、時代が求めている建物と言っても過言ではないのです。

pagetop